第3期 ①-2(20問)問題

問題1 第一大臼歯の1歯欠損でブリッジ治療がインプラント治療よりも有利なのはどれか。1つ選べ。

A 清掃性に優れる
B 治療期間が短い
C 修理が容易である
D 食片圧入が少ない

                                   

問題2 瘻孔からガッタパーチャーポイントを挿入して行うエックス線検査の目的はどれか。1つ選べ 。

A 根管長の測定
B 原因歯の特定
C 歯根破折の診断
D 歯髄の生死の判定

 

問題3  急性歯性感染症に対して抗菌薬が投与された。この医療行為はどれか。1つ選べ。

A 原因療法
B 再生療法
C 緩和療法
D 予防療法

 

問題4 フォーハンドテクニックで行う一般的な歯科診療のアシスタントの位置で正しいのはどれか。1つ選べ 。

A 1:00-3:00
B 3:00-6:00
C 6:00-9:00
D 9:00-13:00

 

問題5 侵襲性歯周炎で著明なのはどれか。1つ選べ 。

A 歯垢沈着
B 歯石沈着
C 歯肉の炎症
D 歯槽骨吸収

 

問題6 慢性歯周炎と比較して侵襲性歯周炎に特徴的なのはどれか 。2つ選べ。

A 咬合性外傷
B 若年での発症
C 歯石の多量沈着
D 急速なアタッチメントロス

 

問題7  歯肉縁上プラークを構成する細菌で最も多いのはどれか。1つ選べ 。

A 通性嫌気性グラム陰性桿菌
B 通性嫌気性グラム陽性球菌
C 偏性嫌気性グラム陰性桿菌
D 偏性嫌気性グラム陽性球菌

 

問題8  糖尿病が歯周病に及ぼす影響で正しいのはどれか。1つ選べ。

A 骨隆起の増大
B 歯根膜腔の拡大
C セメント質の肥厚
D アタッチメントロスの増加

 

問題9 歯周基本治療に含まれるのはどれか。1つ選べ。

A GBR
B ENAP
C FLAP
D LDDS

 

問題10 歯周治療終了時の再評価でメインテナンスに移行できる治癒の判定基準はどれか。2つ選べ。

A 軽度な歯肉の炎症
B 歯周ポケット3mm
C 生理的範囲内の動揺
D プロービング時出血あり

 

問題11 SPTに含まれるのはどれか。2つ選べ。

A SRP
B GTR
C LDDS
D ENAP

 

問題12  下顎の側方滑走運動時に作業側のみ接触する咬合様式はどれか。1つ選べ 。

A カスピッド・オクルージョン
B フルバランスド・オクルージョン
C バイラテラルバランスド・オクルージョン
D グループファンクションド・オクルージョン

 

問題13 カンペル平面を基準としたフェイスボウトランスファーを行うときの基準点として正しいのはどれか。2つ選べ。

A 鼻翼下縁
B 鼻翼上縁
C 眼窩下点
D 平均的顆頭点

 

問題14 ブリッジと比較した場合の部分床義歯の特徴はどれか。2つ選べ

A 違和感が少ない
B 清掃が容易である
C 咀嚼能力に優れる
D 多数歯欠損に適用できる

 

問題15 ミリング法が行われるのはどれか。1つ選べ 。

A 焼成法
B CAD/CAM法
C 加圧法(押し込み法)
D 鋳造法(キャスタプルセラミックス)

 

問題16 可撤性部分床義歯の把持に有効なのはどれか。1つ選べ 。

A 隣接面板
B 義歯床頬棚部
C 咬合面レスト
D パラタルストラップ

 

問題17  PLP(パラタルリフト)によって改善されるのはどれか。1つ選べ

A 嚥下反射
B 食塊形成
C 鼻腔逆流
D 食べこぼし

 

問題18 義歯における前歯部形態の決定に際して使用されるSPA要素の組み合わせで正しいのはどれか。1つ選べ。

A S―性別
B P―年齢
C A―性格
D A―個性

 

問題19 半固定性ブリッジの構成要素はどれか。2つ選べ。

A 咬合面レスト
B ポンティック
C 磁性アタッチメント
D キーアンドキーウェイ

 

問題20  歯面に接触する大連結子はどれか。1つ選べ。

A 外側バー
B 前パラタルバー
C 中パラタルバー
D リンガルプレート

答案フォーム

    問題集
    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    設問1
    設問2
    設問3
    設問4
    設問5
    設問6
    設問7
    設問8
    設問9
    設問10
    設問11
    設問12
    設問13
    設問14
    設問15
    設問16
    設問17
    設問18
    設問19
    設問20
    設問21
    設問22
    設問23
    設問24
    設問25
    設問26
    設問27
    設問28
    設問29
    設問30