③-4(20問)問題

問題1 48歳男性。上顎中切歯の歯肉退縮を認め、歯周ポケットの深さを測定した。臨床的アタッチメントレベルを知るために次に行うのはどれか。1つ選べ。

A エックス線撮影 
B 付着歯肉幅の測定
C 辺縁歯肉の位置の測定 
D ボーンサウンディング 

                                   

問題2 歯肉増殖の誘因となる薬物はどれか。2つ選べ 。

A  鎮痛薬
B 利尿薬
C 免疫抑制薬 
D 抗てんかん薬

 

問題3 高齢者の口角びらんに関与するのはどれか 。1つ選べ。

A 慢性耳下腺炎
B 口腔カンジタ症
C ヘルパンギーナ
D 全身性エリテマトーデス 

 

問題4 歯周病のリスクファクターで是正可能なのはどれか。2つ選べ 。

A 喫煙
B 舌癌
C 遺伝子多型 
D デンタルプラーク 

 

問題5 歯周病を憎悪させる宿主因子はどれか。2つ選べ 。

A 喫煙
B 歯石
C 食片圧入
D ストレス

 

問題6 歯周基本治療に含まれるのはどれか 。1つ選べ。

A 暫間固定
B 新付着の獲得
C 口腔前庭の拡張
D 歯槽骨形態の修正 

 

問題7  歯周ポケット内への局所薬物配送システム(LDDS)の利点はどれか。2つ選べ 。

A 薬剤の減量
B 副作用の軽減
C 歯周ポケットの無菌化 
D プラーク増加因子の除去

 

問題8 全部床義歯作成における顎間関係記録で咬合堤の調整に用いるのはどれか 。1つ選べ。

A シートワックス 
B パラフィンワックス 
C スティッキーワックス
D ユーティリティーワックス

 

問題9 構音時の舌接触状態を調べるのはどれか 。1つ選べ。

A パントグラフ法 
B パラトグラム法
C チェックバイト法
D 機能的ワックスバイト法

 

問題10 2ステップセルフエッチィングシステムを用いた接着処理でプライマーを塗布した。次に行うのはどれか 。1つ選べ。

A 水洗
B 光照射
C エアブロー 
D プロットドライ

 

問題11 二重印象法(ダブルミックス印象法)に使用するのはどれか 。1つ選べ。

A 寒天印象材 
B アルジネート印象材
C シリコーンゴム印象材
D ポリエーテルゴム印象材

 

問題12 全部床義歯と部分床義歯を比較した場合に、部分床義歯にのみ見られる構成要素はどれか。2つ選べ 。

A 人工歯
B 連結子
C 義歯床
D 支台装置

 

問題13 義歯の機械的刺激によって起こるのはどれか。2つ選べ 。

A 誤嚥性肺炎
B 義歯性口内炎 
C 義歯性線維腫
D フラビーガム 

 

問題14 義歯制作時におけるチェアサイドで行われるのはどれか 。1つ選べ。

A 重合
B 前処置
C サベイング
D 作業用模型製作

 

問題15 CAD/CAMについて正しいのはどれか。2つ選べ 。

A 複製が可能である 
B 鋳造による変形がない 
C 金属にしか使用できない 
D ブリッジの症例の時に平行測定は不要である 

 

問題16 無歯顎者の概形印象に適するのはどれか。2つ選べ 。

A 印象用石膏
B アルジネート印象材
C モデリングコンパウンド 
D ポリサルファイドゴム印象材

 

問題17 唇顎口蓋裂の患者において生後一か月以内に行われるのはどれか 。1つ選べ。

A Hotz床
B 口唇形成術 
C 口蓋形成術
D スピーチエイド 

 

問題18 嘔吐反射が強い患者の上顎歯列をアルジネート印象採得するときの適切な対応はどれか。2つ選べ。

A 舌を突出させる 
B 鼻呼吸をさせる 
C 頭部を前傾させる
D 印象材を柔らかく練和する

 

問題19 老化に伴って低下するのはどれか 。1つ選べ。

A 食後血糖
B 収縮期血圧
C 末梢血管抵抗
D 動脈圧受容器反射機能

問題20  ガマ腫(ラヌーラ)にみられる触診所見で正しいのはどれか。1つ選べ。

A 波動
B 圧縮性
C 捻髪音 
D 羊皮紙様感

答案フォーム

    問題集
    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    設問1
    設問2
    設問3
    設問4
    設問5
    設問6
    設問7
    設問8
    設問9
    設問10
    設問11
    設問12
    設問13
    設問14
    設問15
    設問16
    設問17
    設問18
    設問19
    設問20
    設問21
    設問22
    設問23
    設問24
    設問25
    設問26
    設問27
    設問28
    設問29
    設問30