3期 1⃣-3 解答(20問)

問題1 欠乏すると、くる病を誘発するのはどれか。1つ選べ。

a ビタミンA

b ビタミンB

c ビタミンC

d ビタミンD

解答:d  

ビタミンD依存性くる病とは、ビタミンDの代謝あるいは感受性の障害によって生じる。石灰化障害により骨強度が不足する。

 

問題2 欠乏すると、夜盲症を誘発するのはどれか。1つ選べ。

a ビタミンA

b ビタミンB

c ビタミンC

d ビタミンD

解答:a  

夜盲症は、ビタミンA欠乏症の初期症状である。ビタミンAが不足すると暗順応障害が起こる。

 

問題3 欠乏すると、壊血病を誘発するのはどれか。1つ選べ。

a ビタミンA

b ビタミンB

c ビタミンC

d ビタミンD

解答:c  

壊血病は、重度のビタミンC欠乏症である。あざができ、歯肉炎、毛髪や皮膚の乾燥、貧血が起こる。

 

問題4 軟骨に含まれるコラーゲンはどれか。1つ選べ。

a Ⅰ型コラーゲン

b Ⅱ型コラーゲン

c Ⅲ型コラーゲン

d Ⅳ型コラーゲン

解答:b  

軟骨を構成する要素は、約70%が水分、30%がII型コラーゲンとプロテオグリカン、ヒアルロン酸などである。

 

問題5 象牙質に含まれるコラーゲンはどれか。1つ選べ。

a Ⅰ型コラーゲン

b Ⅱ型コラーゲン

c Ⅲ型コラーゲン

d Ⅳ型コラーゲン

解答:a  

I型コラーゲンは、骨や結合組織、象牙質に豊富に含まれる線維状タンパクである。

 

問題6 基底膜に含まれるコラーゲンはどれか。1つ選べ。

a Ⅰ型コラーゲン

b Ⅱ型コラーゲン

c Ⅲ型コラーゲン

d Ⅳ型コラーゲン

解答:d  

IV型コラーゲンは、基底膜緻密層の主要構成成分である。、線維束を形成するコラーゲンと異なり、シートを形成する膜型コラーゲンである。

 

問題7  唾液成分のうち、でんぷんの加水分解に関与するのはどれか。1つ選べ。

a リゾチーム

b ムチン

c αアミラーゼ

d シスタチン

解答:c  

αアミラーゼは、ほとんどが膵臓と唾液腺由来である。

 

問題8 唾液成分のうち、潤滑性の付与に関与するのはどれか。1つ選べ。

a リゾチーム

b ムチン

c αアミラーゼ

d シスタチン

解答:b  

ムチンは、消化管・気道の粘膜上皮や唾液腺などで産生される粘液の主成分である。

 

問題9 唾液成分のうち、抗菌に関与するのはどれか。1つ選べ。

a リゾチーム

b ムチン

c αアミラーゼ

d シスタチン

解答:a  

リゾチームやペルオキシダーゼなどは、殺菌,抗菌、抗カビ作用を持つ。

 

問題10 マルトースを加水分解するのはどれか。1つ選べ。

a アミラーゼ

b マルターゼ

c ヌクレアーゼ

d ラクターゼ

解答:b  

マルターゼはマルトースの加水分解を触媒して単糖のグルコースに変換する。

 

問題11 核酸を加水分解するのはどれか。1つ選べ。

a アミラーゼ

b マルターゼ

c ヌクレアーゼ

d ラクターゼ

解答:c  

ヌクレアーゼは、核酸のヌクレオチド間のホスホジエステル結合を切断する酵素である。

 

問題12 ラクトースを加水分解するのはどれか。1つ選べ。

a アミラーゼ

b マルターゼ

c ヌクレアーゼ

d ラクターゼ

解答:d  

ラクターゼは、乳糖(ラクトース)を分解するための酵素である。

 

問題13 白血球毒を産生するのはどれか。1つ選べ。

a Aggregatibecter actinomycetemcomitans

b Staphylococcus ayreus

c Streptococcus pyogenes

d Clostridium botulinum

解答:a  

アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンスは、歯周病の一種である侵襲性歯周炎の原因菌である。旧学名はアクチノバチルス・アクチノミセテムコミタンスである。

 

問題14 神経毒を産生するのはどれか。1つ選べ。

a Aggregatibecter actinomycetemcomitans

b Staphylococcus ayreus

c Streptococcus pyogenes

d Clostridium botulinum

解答:d  

クロストリジウム属のボツリヌス菌などは、土の中に芽胞の形で広く存在する。

 

問題15 腸管毒素を産生するのはどれか。1つ選べ。

a Aggregatibecter actinomycetemcomitans

b Staphylococcus ayreus

c Streptococcus pyogenes

d Clostridium botulinum

解答:b  

黄色ブドウ球菌とは、ヒトや動物の皮膚、消化管常在菌であるブドウ球菌の一つである。 ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。

 

問題16 【記述問題】ツベルクリン反応について説明せよ。

解答:結核菌の感染を受けたり、BCGワクチンを接種された生体に、ツベルクリンを皮内注射すると、その局所に48時間をピークとして出現してくる発赤・硬結を主体とする皮膚反応である。

 

問題17 【記述問題】アナフィラキシーショックについて説明せよ。

解答:アナフィラキシーショックでは、急性の循環不全が起きることで体の組織に十分な血流が得られず、主要臓器が低酸素状態となる。

 

問題18 【記述問題】MHCを説明せよ。

解答:主要組織適合性遺伝子複合体のことである。免疫反応に必要な多くのタンパクの遺伝子情報を含む遺伝子領域である。生体内においてはMHCが抗原提示を行う事で、自己・非自己を判断する。

 

問題19 【記述問題】トキソイド化を説明せよ。

解答:細菌が外に分泌する毒素(外毒素)を無力化することである。

 

問題20 【記述問題】嚥下中枢はどこにあるか。

解答:延髄の孤束核と延髄網様体