第3期 ①-3(20問)解答

問題1 固定性ブリッジの構成要素はどれか。2つ選べ。

A 支台歯
B 築造体
C 連結部
D ポンティック

解答:C・D

A✕ 支台歯とはブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される歯のこと

B✕ コアのことで、支台築造体ともいわれる。金属製コアやファイバーコアポストなどがある

CD 〇 ブリッジの構成要素は支台装置、連結部、ポンティックからなる

                                   

問題2 半固定性ブリッジで正しいのはどれか。1つ選べ 。

A 一塊の金属からなる
B 支台装置の着脱が可能である
C キーはポンティックに設置される
D 支台歯と支台装置は磁性アタッチメントで結合する

解答:C

A✕ キーアンドキーウェイによって2つ以上の構造物からなる

B✕ 可撤性性ブリッジではなく、セメントで固定するため着脱は不可能である

C〇 キーウェイは支台歯に、キーはポンティックに設置する

D✕ 磁性アタッチメントを使用するのはオーバーデンチャーであり、半固定ブリッジはセメントで合着する

 

問題3  骨からの出血に対する永久止血法はどれか。1つ選べ。

A 緊縛法
B 結紮法
C 挫滅法
D 指圧法

解答:C

ABD✕ 骨に対しては無効である

C〇 出血している骨面周囲に挫滅鉗子や止血用のノミで挫滅し圧迫させることにより止血させる方法である

 

問題4 Riga-Fede病の組織学的特徴はどれか。1つ選べ 。

A 潰瘍
B 膿瘍
C 乾酪壊死
D 上皮下水疱

解答:A

A〇 歯と舌下面との接触により潰瘍が生じる疾患である

B✕ 細菌感染などによって引き起こされるもので。Riga-Fede病にみられるものではない

C✕ 結核などで見られる凝固性の壊死物質の塊である

D✕ 類天疱瘡で見られる

 

問題5 口底の正中部にできやすいのはどれか。1つ選べ 。

A ガマ腫
B 粘液瘤
C 類皮嚢胞
D Blandin-Nuhn嚢胞

解答:C

A✕ 口底の片側に現れる

B✕ 下唇粘膜の口角寄りに現れる

C〇 出現場所は類皮、類表皮嚢胞とガマ腫の鑑別方法の一つである

D✕ 舌尖舌下面(前舌腺部)にできる

 

問題6 手指やガラスの圧迫により病変部が退色するのはどれか。1つ選べ。

A 血管腫
B 線維腫
C 乳頭腫
D リンパ管腫

解答:A

A〇 圧迫による退色性を有する

 

問題7  小児への浸潤麻酔法で適切なのはどれか。1つ選べ 。

A 22Gの針を用いる
B 表面麻酔薬を併用する
C 薬液の注入時間を短くする
D 血管収縮薬添加局所麻酔薬は用いない

解答:B

A✕ 浸潤麻酔は30~33Gの細い針を使用する。22Gは静脈注射や採血に用いられる

B〇 針の刺入時の痛みを軽減することができる

C✕ 注入時間が短くなると注入速度が速くなり、注入時の痛みが強くなる

D✕ 成人と同様に用いることが可能である。血管収縮薬の添加により確実な局所麻酔効果を得ることができる

 

問題8 成人の安静時における異常値はどれか。2つ選べ。

A SpO2   ―90%
B 体温  ―36.9℃
C 呼吸数 ―25/分
D 脈拍    ―70/分

解答:A・C

バイタルサインには、意識、呼吸、脈拍、血圧、体温がありそれぞれの基準値は覚えておくこと

意識:鮮明(Jcs0)、呼吸数:12~18/分、脈拍数:60~90回/分、血圧:収縮期血圧140mmHg未満かつ拡張期血圧90未満を正常域血圧というが、細かく分かれているため要確認、体温:36.0~37.0℃、SpO296~99%

AC〇 低酸素、頻呼吸で異常位置である

 

問題9 下顎両側第一大臼歯の近心転移によって生じるのはどれか。1つ選べ。

A 開咬
B 切端咬合
C 交叉咬合
D 鞍状歯列弓

解答:D

D〇 下顎歯列弓にみられるもので、下顎骨の劣成長、大臼歯の近心転移などにより小臼歯の萌出余地不足をきたし、小臼歯が舌側に萌出することにより歯列弓が鞍状になる歯列弓形態の不正である

 

問題10 口唇口蓋裂の治療の時期で犬歯萌出期に行われるのはどれか。1つ選べ。

A Hotz床装着
B 口唇形成術
C 顎裂部骨移植術
D スピーチエイド装着

解答:C

A✕ 生後1~2週で印象を採得し装着する

B✕ 3~6か月、体重が5~6㎏を目安に行われる

C〇 8~10歳ごろの犬歯が放出される時期に犬歯や側切歯の萌出を誘導する目的で行う

D✕ 鼻咽腔閉鎖機能不全がある場合に、3~7歳ごろに装着する

 

問題11 混合歯列期に骨性癒着した歯に生じるのはどれか。1つ選べ。

A 傾斜
B 捻転
C 低位
D 移転

解答:C

A✕ 歯の長軸がいずれかの方向に傾いていること

B✕ 歯がその長軸を中心に回転していること

C〇 混合歯列期に永久歯が歯槽骨と骨性癒着を起こすと歯の萌出が阻害され低位となる

D✕ 歯の萌出位置が隣同士や離れて入れ替わっていること

 

問題12  アデノイド肥大で見られるのはどれか。1つ選べ 。

A 鼻呼吸
B 過蓋咬合
C 口輪筋の緊張
D 上顎歯列の狭窄

解答:D

A✕ アデノイド肥大により、鼻咽腔狭窄が生じ鼻呼吸が妨げられ口呼吸を行う

B✕ アデノイド肥大はAngleⅡ級1類になりやすく、過蓋咬合はAngleⅡ級2類の特徴である

C✕ 口呼吸を行うことにより口輪筋は弛緩しやすい

D〇 アデノイド肥大により不正咬合として上顎歯列弓の狭窄が見られやすい

 

問題13 下顎の加強固定に用いられるのはどれか。1つ選べ。

A チンキャップ
B リップバンパー
C クワドヘリックス
D Nanceのホールディングアーチ

解答:B

A✕ 下顎の成長抑制に用いられる

B〇 下唇の過度な機能圧を排除する装置で、下唇圧を利用し下顎の大臼歯の遠心移動や加強固定に用いられる

C✕ 上顎歯列弓の側方拡大に用いられる

D✕ 上顎の加強固定に用いられる矯正装置である

 

問題14 顎整形力を発揮するのはどれか。1つ選べ

A ヘッドギア
B タングクリブ
C リンガルアーチ
D トランスパラタルアーチ

解答:A

A〇 上顎骨の成長抑制などに用いる

B✕ 舌突出癖などの習癖除去に用いる装置である

C✕ 個々の歯の位置状態の改善などに用いる装置である

D✕ 加強固定に用いる装置である

 

問題15 口腔清掃を困難にさせる矯正装置はどれか。1つ選べ 。

A ヘッドギア
B アクチバトール
C マルチブラケット
D スライディングプレート

解答:C

ABD✕ 可撤式矯正装置である

C〇 永久歯列期にはを配列するために使用する装置で非可撤装置なため、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシを併用する

 

問題16 Hellmanの歯齢ⅡA期において視診で確認できるのはどれか。1つ選べ 。

A 顎間空隙
B ターミナルプレーン
C リーウェイスペース
D 上下顎乳中切歯歯軸角

解答:B

A✕ ⅠA期にみられる空隙である

B〇 

C✕ ⅡA期の模型とⅢC期またはⅣA期の模型を比較しないとわからない

D✕

 

問題17  Hellmanの歯齢ですべての大臼歯が萌出完了期を示すのはどれか。1つ選べ

A ⅠA
B ⅡA
C ⅢA
D ⅣA

解答:C

A✕ 乳歯未萌出期であり、顎間空隙が見られる

B✕ 乳歯咬合完成期である

C〇 第一大臼歯萌出完了期である

D✕ 第二大臼歯萌出完了期である

 

問題18 粘液嚢胞の原因となりえるのはどれか。1つ選べ。

A 自己免疫
B 導管損傷
C 発育異常
D ウイルス感染

解答:B

粘液嚢胞:Blandin-Nuhn嚢胞やガマ腫(ラヌーラ)などがある

A✕ 唾液腺疾患に関する自己免疫疾患で有名なのはシェーグレン症候群であり、その症状は口腔乾燥や耳下腺主要であるが、嚢胞形成はすることはない

B〇 導管損傷による閉塞性病変である

C✕ 直接の関係性は見られない

D✕ 唾液腺関連のウイルス性疾患で有名なのは流行性耳下腺炎や巨細胞性封入体があるが粘液嚢胞は生じない

 

問題19 下顎の第二小臼歯によくみられる異常結節はどれか。1つ選べ。

A 基底結節
B 中心結節
C Carabelli結節
D プロトスタイリッド

解答:B

A✕ 上顎の切歯や犬歯にみられる

B〇 咬合面の中心に表れる結節

C✕ 上顎第一、第二大臼歯の近心舌側咬頭舌側面にみられる

D✕ 下顎第二大臼歯近心頬側面にみられる

 

問題20 歯科衛生士と4歳児の会話の一部を示す
「今日で4回目だけど上手にできたね。シールが4枚になるから好きなおもちゃと交換できるよ」
「うれしいな。どのおもちゃにしようかな」
この会話から行われている小児行動法はどれか。1つ選べ。

A モデリング法
B シェイピング法
C タイムアウト法
D トークンエコノミー法

解答:D

A✕ 同胞の治療を見せる方法である

B✕ 目的に近づくためスモールステップで段階的に獲得する方法

C✕ 問題の場から隔絶する方法である

D〇 小児の行動がうまくできた時にトークンを渡し、一定量たまったら具体的褒美を上げる方法