第3期 ②-1(20問)解答

問題1 生ワクチンに含まれるのはどれか。1つ選べ。

A 結核
B 破傷風
C 日本脳炎
D ジフテリア

解答:A

A〇 他に、ペスト、炭疽、麻疹、風疹、痘そう、水痘、流行性耳下腺炎などがある

BD✕ トキソイドワクチンである

C✕ 不活化ワクチンである。百日咳、インフルエンザ、ペスト、コレラ、ポリオ、などがある

                                   

問題2 ウイルスに感染した上皮細胞を直接障害するのはどれか。1つ選べ 。

A 顆粒球
B NK細胞
C 樹状細胞
D マクロファージ

解答:B

ウイルス感染初期における非特異的感染防御(自然免疫)にかかわる免疫細胞の問題である

A✕ 顆粒球とは、好中球、好酸球、好塩基球の総称で化膿菌や寄生虫の排除、Ⅰ型アレルギーに関与する

B〇 NK細胞はMHCクラス1分子の発現の低下した異常細胞である感染細胞を非自己と認識して直接障害するリンパ球である

C✕ 樹状細胞は外来性抗原の提示や、ウイルス増殖阻止因子であるインターフェロン(IFN)を産生する役割を持つ

D✕ 老廃物や病原微生物に対して貪食能を発揮する

 

問題3  真菌感染症はどれか。2つ選べ。

A 結核
B COVID-19
C クリプトコッカス症
D トキソプラズマ肺炎

解答:A・D

A〇

B✕ コロナウイルスによるウイルス性の感染症である 

C✕ マイコプラズマ菌による感染症である

D〇 真菌であるCryptococcusによる感染症である

 

問題4 Porphyromonas gingivalisで正しいのはどれか。2つ選べ 。

A 芽胞をもつ
B 通性嫌気性グラム陰性桿菌である
C ジンジパインを産生する
D レッドコンプレックスの一種である

解答:C・D

A✕ 芽胞を持つのはグラム陽性の杆菌であるバチルス属(Bacillus :枯草菌、セレウス菌、炭疽菌など)やクロストリジウム属(Clostridium :破傷風菌、ガス壊疽菌、ボツリヌス菌など)である

B✕ 歯周病菌の一種であるためほかの歯周病菌と同じく偏性嫌気性のグラム陰性桿菌である。例外としてA.a菌は歯周病菌の中で唯一の通性嫌気性グラム陰性桿菌である

C〇 コラゲナーゼ活性をもつトリプシン様プロテアーゼであるジンジパインを産生する

D〇 レッドコンプレックスは歯周病の発症原因とされている細菌で、Porphyromonas gingivalis、Treponema denticola、Tannerella forsythensisの三菌種である

 

問題5 降圧薬の処方後に歯肉肥厚が起きた。この薬理作用はどれか。1つ選べ 。

A 主作用
B 副作用
C 間接作用
D 直接作用

解答:B

A✕ 治療目的となる作用を主作用という

B〇 副反応ともいう。細かく言うと定義は違うがほぼ同意義で使用されるが混同しないように気を付ける

C✕ 直接作用の結果、引き続き起こる作用のことである

D✕ 薬物の適用により直接起こる作用のことである

 

問題6 局所麻酔薬の作用機序において内側から阻害されるのはどれか。1つ選べ。

A Kチャネル
B Clチャネル
C Naチャネル
D Caチャネル

解答:C

C〇 大まかな流れとして、麻酔薬が非解離型(非イオン型)になり細胞膜を通過して、細胞内で解離型に戻りNaチャネルを内側から塞ぎ、Naの流入を抑え結果痛覚の興奮電動が遮断される

 

問題7  薬物の相互作用において、併用により薬理作用が減弱する現象はどれか。1つ選べ 。

A 拮抗作用
B 相加作用
C 相乗作用
D 増感作用

解答:A

A〇 競合的拮抗と非競合的拮抗がある

B✕ 薬物併用によりそれぞれの薬物の作用が加算される

C✕ それぞれの薬物の作用の加算以上の作用が生じる

D✕ 一方は変化せず、他方の作用がを売頬される。

 

問題8 局所麻酔薬について正しいのはどれか。2つ選べ。

A 毒薬である
B 鍵のかかる棚に保管する
C 白地に赤枠、赤字で文字は書かれている
D 他の医薬品等と区別して、貯蔵・陳列する

解答:C・D

A✕ 局所麻酔薬は劇薬である

B✕ 毒薬のことである

CD〇 劇薬は、他の医薬品等と区別して、貯蔵・陳列する必要があります。なお、劇薬は、毒薬のように、特に鍵のかかる場所に保管する必要はありません。毒薬は、黒地に白枠、白字で品名及び「毒」の文字、劇薬は白地に赤枠、赤字で品名及び「劇」の文字の表示が必要です。

 

問題9 抗菌薬において、時間+濃度依存性の効果を示すのはどれか。1つ選べ。

A β-ラクタム系
B マクロライド系
C ニューキノロン系
D アミノグリコシド系

解答:B

A✕ 時間依存性である。β-ラクタムはペニシリン系、セフェム系の総称である

B〇 濃度+時間依存性の薬物はほかにテトラサイクリン系がある

CD✕ 濃度依存性である

 

問題10 配偶子病でモノソミーはどれか。1つ選べ。

A 血友病
B Down症候群
C Tuner症候群
D Klinrfrlter症候群

解答:C

配偶子病とは染色体異常により起こるものである

A✕ 伴性劣性遺伝の一つで、遺伝子病である

B✕ 21トリソミーの配偶子病である

C〇 Xモノソミーの配偶子病である

D✕ XXYトリソミーの配偶子病である

 

問題11 染色体の構造異常はどれか。2つ選べ。

A 欠失
B 転座
C トリソミー
D モノソミー

解答:A・B

配偶子病:染色体の数の異常と構造の異常。配偶子(精子、卵子)段階の異常で生じるもの

A〇 染色体の一部が切断されその断片が失われた状態

B〇 2個の非相同染色体の一部が切断され、各々の断片が好感された状態

C✕ 相同染色体が1本過剰となったもので、数の異常である

D✕ 相同染色体が1本少なくなったもので、数の異常である

 

問題12  脱水の兆候はどれか。1つ選べ 。

A 顔面の浮腫
B 頬部の紅班
C 顔面皮膚の乾燥
D 口唇のチアノーゼ

解答:C

A✕ 浮腫は組織液が貯留した状態で、局所的原因だと炎症、全身的原因では心不全やネフローゼ症候群などで生じる

B✕ 全身性エリテマトーデスで認められる症状である

C〇 脱水時、皮膚や粘膜の乾燥、口渇感などが生じる

D✕ 血中酸素濃度の低下により、還元ヘモグロビンが5g/dl以上になると生じる症状である

 

問題13 アポトーシスの特徴はどれか。1つ選べ。

A 核の膨化
B 細胞膜の破裂
C 細胞の断片化
D 細胞小器官の消失

解答:C

アポトーシスとは細胞の決められた細胞死(生理的、能動的な死)であり、核は凝縮され細胞は収縮しいくつもの小胞に分かれ、DNAは断片化する。

ネクローシス(壊死)とは、栄養の欠乏、毒物、外傷などの外的要因で起こる偶発的・受動的な細胞死のことを言う。

ABD✕ ネクローシスである

C〇

 

問題14 歯の異常と好発部位の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ

A 癒合歯     ―下顎大臼歯
B 歯内歯     ―下顎側切歯
C 中心結節    ―下顎第二小臼歯
D タウロドント歯 ―下顎第一乳臼歯

解答:C・D

A✕ 下顎前歯に好発する。2つの歯が歯髄腔を共有している状態の歯

B✕ 上顎側切歯に好発する

C〇 咬合面の中心部に現れる結節のこと

D〇 長胴歯ともいわれ、広い歯髄腔を有する歯である。Kiinferter症候群でも見られることがありその場合は上顎大臼歯部での発生が多い

 

問題15 ウイルス感染が原因となるのはどれか。2つ選べ 。

A 乳頭腫
B 甲状腺腫
C 腎細胞癌
D 成人T細胞白血病

解答:A・D

A〇 HPV(ヒトパピローマウイルス)感染によるものである

BC✕ ウイルスとは関係ない

D〇 HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)感染によるものである

 

問題16 軟組織に発生する歯原性の嚢胞はどれか。1つ選べ 。

A 歯根嚢胞
B 歯肉嚢胞
C 粘液嚢胞
D 鼻口蓋管嚢胞

解答:B

口腔の嚢胞には歯原性、非歯原性があり、その中でもまた顎骨にできるものと軟組織にできるものに分けて考えれるようにする。また顎骨にできる歯原性の嚢胞は炎症性と発育性に細かくわかれるため気を付けること

A✕ 顎骨にできる歯原性の嚢胞で、炎症性である

B〇 軟組織にできる歯原性の嚢胞である 

C✕ 軟組織にできる非歯原性の嚢胞である

D✕ 顎骨にできる歯原性の嚢胞である

 

問題17  垂直感染が起こりえるのはどれか。2つ選べ

A 授乳
B 性交
C 分娩
D 針刺し

解答:A・C

母親から胎児または子へ伝わる垂直伝播は垂直感染、ヒトからヒトへ横に広がる水平伝播は水平感染という

A〇 授乳は母親との接触による垂直感染である

B✕ 性交はヒトからヒトへ水平伝播する水平感染の一つである

C〇 分娩は出産時に産道を介する垂直感染である 

D✕ 針を介した水平感染である

 

問題18 針刺し事故による感染の予防にワクチン接種が有効なのはどれか。1つ選べ。

A ポリオウイルス
B B型感染ウイルス
C 単純ヘルペスウイルス
D ヒトT細胞白血病ウイルス

解答:B

A✕ 弱毒生ワクチンや不活化ワクチンが有効である

B〇 感染予防対策として医療従事者は成分ワクチンであるB型肝炎ワクチンを予防接種することが重要である

C✕ 抗ウイルス療法としてビリルビンやアシクロビルなどが用いられる

D✕ 現在のところワクチンは実用化されていない

 

問題19 侵襲性歯周炎の主な原因菌はどれか。1つ選べ。

A Actinomyces viscosus
B Aggregatibacter actinomycetemcomitans
C Fusobacterium nucleatum
D Streptococcus mutans

解答:B

A✕ 通性嫌気性グラム陽性杆菌で、根面齲蝕や歯肉の原因菌とされる

B〇 通性嫌気性グラム陰性桿菌で、白血球の細胞膜を障害するロイコトキシン(白血球毒素)を産生する

C✕ 偏性嫌気性グラム陰性の紡錘状桿菌で、壊死性潰瘍性歯肉炎や慢性歯周炎の病巣局所にみられる

D✕ 通性嫌気性グラム陽性球菌で、齲蝕源生細菌である

 

問題20 成熟した口腔バイオフィルムにおいて深部で高くなるのはどれか。1つ選べ。

A pH
B 酸素分圧
C 外来性薬物の濃度
D 細菌代謝産物の割合

解答:D

A✕ 有機酸が産生されているためpHは低くなる

B✕ 細菌の代謝により酸素が消費されているため酸素分圧は低くなっている

C✕ 薬剤浸透性の低下のために外来性の薬物の濃度は低くなる

D〇