③-5(20問)解答

問題1 オゾン層破壊に関与するのはどれか。1つ選べ。

A フロン
B 二酸化炭素
C 硫黄酸化物
D 窒素酸化物

解答:A

A〇

B✕ 地球温暖化に関与する

C✕ 酸性雨に関与する

D✕ 光化学オキシダントで、光化学スモッグの原因となる

                                   

問題2 感染廃棄物の処理において、使用済みの注射針を廃棄する容器に用いる表示の色はどれか。1つ選べ。

A 青
B 赤
C 黄
D 橙

解答:D

A✕ バイオハザード(感染性廃棄物)マークに青色はない

B✕ 血液などの、液状または泥状のもの

C✕ 血液が付着したガーゼなどの、固形状のもの

D〇 使用済み注射針などの、鋭利なもの

 

問題3 EBM(根拠にも続いた医療)について正しいのはどれか。2つ選べ。

A 医療費削減を目的に行う
B 患者の問題点を明確にする
C 先輩の意見を重視して判断する
D 得られた情報は批判的に吟味する

解答:B・D

EBMは5つのステップからなる

 ①問題の定式化 ②根拠となる情報の検索・収集 ③情報の批判的吟味 ④個々の患者への批判的吟味を行った情報の適応 ⑤評価

A✕ 医療費削減の効果はあるが、本来の目的は患者の最善の取り扱いである

B〇 EBMの最初のステップである

C✕ 個人的意見は根拠の質が低いとされている。EBMとして誤りではないが「重視」して判断することは誤りとみる

D〇 EBMの3つ目のステップである

 

問題4 感染症予防における感染源対策はどれか。1つ選べ。

A 検疫
B 予防接種
C 患者の隔離
D グローブの使用

解答:A

A〇 外来感染症(源)の国内侵入を防止するために行われる検査

B✕ 宿主の感受性対策である

C✕ 感染経路対策に入る

D✕ 感染経路対策である

 

問題5 生活習慣病における2型糖尿病の主な対策はどれか。2つ選べ。

A 禁煙
B 運動
C 食生活改善
D ブラッシング習慣の定着

解答:B・C

A✕ 心疾患や、肺がん(悪性新生物)、COPD(慢性閉塞性肺疾患)への対策

B〇

C〇 特に糖分を控える

D✕ 歯周病への対策である

 

問題6 ある地域で実地された歯周予防事業の効果の評価をすることとなった。アウトカム評価はどれか。1つ選べ。

A 事業の参加者数
B 事業に要した総経費
C 予防活動の実地回数
D 事業前後の歯科受診率の変化

解答:D

PDCAサイクルのC(Check)である評価には、ストラクチャー評価、プロセス評価、アウトプット評価、アウトカム評価の四つを見ていく

A✕ アウトプット評価(事業実地量):目標や目的のために行われる事業の物量

B✕ ストラクチャー評価(構造):保険事業を実地するための仕組み、設備、体制など

C✕ プロセス評価(過程):保険事業の提供の目的や目標に向けた過程の物量

D〇 アウトカム評価(結果):保険事業の目標や目的の達成度(結果)

 

問題7  第二種学校感染症はどれか。1つ選べ。

A ペスト
B コレラ
C 痘そう
D インフルエンザ

解答:D

A✕ 第一種である。ほかに、エボラ出血熱、痘そう、ジフテリア、クリミア、コンゴ出血熱、急性灰白髄炎(ポリオ)などがある

B✕ 第三種である。他に、赤痢、腸管出血性大腸菌、腸チフス、流行性角結膜炎などがある

C✕ 第一種である

D〇 他に、百日咳、麻疹(はしか)、風疹、流行性耳下腺炎(おたふく)、水痘などがある

 

問題8 新オレンジプランの基本的な考え方で正しいのはどれか。1つ選べ。

A 認知症への理解を深める為の普及・啓発の推進
B 地域の特性を生かした保険と福祉の健康な街づくり
C 歯・口腔の健康は摂食と構音を良好に保つために重要であること
D 感染症対策や適切な医療及び医療従事者の確保など社会保障の基盤を作る施策

解答:A

新オレンジプランとは、認知症の人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らしを続けることが出来る社会を実現する、ことを目的とした認知症施策推進総合戦略のことである

A〇 新オレンジプランの中核である7つの柱のうちの一つである

B✕ 地域保健対策の推進に関する基本的な方向の一つである

C✕ 健康日本21の歯・口腔の健康に関する考え方である

D✕ 日本の社会保障制度における公衆衛生の考え方である

 

問題9 健康日本21(第二次)に記載されているNon Communicable Disease(NCD)に含まれるのはどれか。2つ選べ。

A 糖尿病
B 歯周病
C 関節リウマチ
D 慢性閉塞性肺疾患

解答:A・D

非感染性疾患のことである。がん、循環器疾患、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)がある

A D〇

 

問題10 介護保険法について正しいのはどれか。1つ選べ。

A 介護保険料は全国一律である
B 保険者は市町村及び特別区である
C 介護老人福祉施設の設置の根拠法である
D 第一号保険者は40歳以上、65歳未満の医療保険加入者である

解答:B

A✕ 保険料は市町村ごとに定められているので額は市町村ごとに異なる

B〇

C✕ 老人福祉法が介護老人福祉施設設置の根拠法である。介護保険法は介護老人保健施設の根拠法である

D✕ 第一号保険者は65歳以上の者である。40歳以上65歳未満の医療加入者は第二号保険者である

 

問題11 労働安全衛生法で、取り扱う労働者に歯科医師による健康診断が義務付けられているのはどれか。2つ選べ。

A 塩酸
B 酢酸
C リン酸
D フッ化水素

解答:A・D

労働安全衛生法に基づく歯科特殊健康診断とは、化学物質による健康への影響の調査、労働衛生管理が目的とされている。対象となるのは、塩酸、硝酸、硫酸、亜硫酸、黄りん、フッ化水素、歯、その他または支持組織に有害なもののガス、蒸気、または粉塵などがある

A D〇

 

問題12 歯科衛生士法で規定されている歯科衛生士の業務で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 仮封
B 歯牙の切削
C 精密印象採得
D ホワイトニング

解答:A・D

歯科衛生士ができる仕事は大きく分けると歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導の3つで、本来歯科医師が行う業務を歯科衛生士が行うということはできないが、相対的歯科医行為は歯科医師の監視下であれば歯科衛生士も行って良い行為のことである。

A〇

B✕ 絶対的歯科医行為であり行ってはいけない

C✕ 絶対的歯科医行為にあたり行ってはいけない

D〇

 

問題13 歯科衛生士法に基づく歯科衛生士の業務と義務で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 歯牙及び口腔に対して薬物を塗布する
B 2年ごとに就業地の市町村長に現況を届け出る
C 業務を行った場合、その記録を作成して5年間これを保存する
D 正当な理由なく、その業務上知りえた人の秘密を漏らしてはいけない

解答:A・D

A〇 歯科衛生士の業務の一つである

B✕ 現状届け出の義務として、3年ごとに就業地の都道府県知事に届け出る必要がある

C✕ 業務記録の作成及び保存義務として、業務を行った場合、その記録を作成して3年間これを保存する、とある

D〇 守秘義務である

 

問題14 平成30年度の就業者数が一番多いのはどれか。1つ選べ。

A 医師
B 薬剤師
C 歯科医師
D 歯科衛生士

解答:A

A〇 約32万7千人

B✕ 約31万人

C✕ 約10万人

D✕ 約13万人

 

問題15 わが国の社会保障制度における社会保険によって給付されるのはどれか。2つ選べ。

A 医療
B 介護
C 予防
D 療養

解答:A・B

社会保険には、医療保険(医療給付)、介護保険(介護給付)、年金保険(年金給付)、雇用保険(失業保険給付、雇用保険給付)、労働者災害補償保険(労働災害給付)がある

A〇

B〇

C✕ 介護保険法における要支援の人が受けれる給付である

D✕ 健康保険法等を根拠にする

 

問題16 介護保険について正しいのはどれか。1つ選べ。

A 被保険者は65歳以上である
B 介護保険料は全国一律である
C 訪問看護と訪問介護は併用できない
D 認知機能障害は介護保険の対象となる

解答:D

A✕ 第一号保険者は65歳以上、第二号保険者は40~65歳未満の医療保険加入者である

B✕ 市町村ごとに異なる

C✕ 併用できる

D〇 認知症で要介護認定は受けることができる

 

問題17 虐待を受けたと思われる子の通告先で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 警察署
B 保育所
C 児童相談所
D 福祉事務所

解答:C・D

要保護児童を発見した者は、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない(抜粋)

C D〇

 

問題18 要介護高齢者に対する摂食嚥下の段階で準備期の食事介助の内容はどれか。1つ選べ。

A 食事を視覚や嗅覚からの刺激で認識するように促す
B 舌中央を軽く圧刺激し食物を押しつぶすなどの動作を導く
C とろみ剤などで食べ物を咽頭に送り込みやすいように調整を行う
D むせやせき込み、鼻咽腔への食物の流入・逆流を予防するため一口ごとに嚥下反射を確認する

解答:B

A✕ 先行期の内容である

B〇

C✕ 口腔期の内容である

D✕ 咽頭期の内容である

 

問題19 唾液成分で歯質保護作用を持つのはどれか。1つ選べ。

A アミラーゼ
B リゾチーム
C ラクトフェリン
D 高プロリンタンパク質

解答:D

A✕ 消化作用を持つ。炭水化物(糖)の分解にかかわる

B✕ 抗菌作用を持つ。最近の細胞壁、ペプチドグリカンの分解に関与する

C✕ 抗菌作用を持つ。鉄結合性タンパクで、細菌の発育を抑制する

D〇 糖タンパクで、歯面にペリクルを形成する作用がある

 

問題20 SAOPにおける「A」はどれか。1つ選べ。

A 考察
B 自覚症状
C 他覚症状
D 患者の教育計画

解答:A

A〇 A(assessment): 評価・考察

B✕ S(subjective):主観的情報

C✕ O(objective): 客観的情報

D✕ P(plan): 計画(検査・治療・患者教育の計画)