②-3(20問)解答

問題1 Parkinson病患者の口腔顔面領域の症状で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 口呼吸
B 舌の振戦
C 咀嚼障害
D 唾液分泌過多

解答:B・C

4大症状に、不随意運動(静止時の振戦)、筋硬直、寡動(動作緩慢)、姿勢反射障害がある

B〇 舌の不随意運動(振戦)がみられる

C〇 筋の固縮と動作緩慢による咀嚼障害が見られる

                                   

問題2 咀嚼障害を呈する疾患はどれか。2つ選べ。

A Cushing病
B Addison病
C Parkinson病
D Alzheimer病

解答:C・D

AB✕ 咀嚼障害を呈することはない

C〇 4大症状以外に、咀嚼障害、構音障害、歩行障害、仮面用顔貌、うつ病や認知症なども見られる

D〇 認知症の原因疾患の一つで、失行、失語、失認、遂行機能障害、咀嚼障害などが見られる

 

問題3 Parkinson病にみられる顔貌変化はどれか。1つ選べ。

A 満月様
B 仮面様
C 三日月様
D ヒポクラテス様

解答:B

A✕ 副腎皮質ステロイド長期服用によりあらわれる

B〇 能面様で筋硬直、運動低下による無表情が見られる

C✕ 下顎前突症で見られる

D✕ 死相・癌末期にみられる

 

問題4 Alzheimerにみられる中核症状はどれか。2つ選べ。

A 失語
B 失声
C 見当識障害
D 姿勢反射障害

解答:A・C

中核症状に、物忘れ(記憶障害)、見当識障害、失行、失語、失認、遂行機能障害がある

A C〇

B✕ 声帯が震えなくなり振動しなくなると失声となる

D✕ Parkinson病の主要症状の一つである

 

問題5 自閉スペクトラム症と診断されている児童への治療時の対応で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 代用語を用いる
B 絵カードを用いる
C 保護者には同室を促す
D 治療手順は毎回変える

解答:B・C

A✕ 代用語などの言語コミュニケーションは整理統合が難しい

B〇 視覚優位なため理解しやすい

C〇 保護者との同室を避けた場合パニックを誘発する可能性がある

D✕ 治療手順はパターン化し構造化することがよい

 

問題6 高血圧患者に歯肉増殖が見られた。服用を疑う薬はどれか。1つ選べ。

A アスピリン
B メチシリン
C ニフェジピン
D ワルファリンカリウム

解答:C

A✕ 酸性非ステロイド性抗炎症薬の一つで、抗血小板薬としても使われる

B✕ 耐性黄色ブドウ球菌用のペニシリン

C〇 カルシウム拮抗薬で高血圧治療薬として使われ、副作用で歯肉増殖を伴うことがある

D✕ 抗凝固薬の一つで、VitKを阻害しビタミンK依存性血液凝固因子の生産量低下による抗凝固作用が生まれる

 

問題7  非協力児や体動のある障害児者の歯科治療で開口器を使用するとき、留意すべき偶発症はどれか。2つ選べ。

A 過呼吸発作
B 口唇の挫傷
C 歯冠の破折
D 唾液の分泌障害

解答:B・C

A✕ 不安や神経性の緊張などにより起こるもの

B〇 

C〇 開口器は臼歯部に使用されるものであるが誤って前歯部に使用した場合歯冠破折の危険がある

D✕ 薬物や加齢、口傷などにより起こる

 

問題8 認知機能のスクリーニング検査に使用されるのはどれか。1つ選べ。

A TCI
B MMSE
C EAT-10
D GOHAI

解答:B

A✕ 口腔衛生状態不良の検査は,視診により Tongue Coating Index (TCI)を用いて,舌苔の. 付着程度を評価する

B〇 MMSE (Mini-Mental State Examination)

C✕ 嚥下スクリーニングツール

D✕ GOHAI(General. Oral Health Assessment Index)は口腔関連 QOL の評価に用いられる

 

問題9 口腔清掃の日常生活自立支援度判定基準(BDR指標)項目はどれか。2つ選べ。

A うがい
B 歯磨き
C 歯磨剤の使用
D フロッシング

解答:A・B

D(Denture wearing)は義歯着脱である

A〇 BDR指標のR(mouth Rinsing)はうがいである

B〇 BDRの指標のB(Beushing)は歯磨きである

CD✕ BDR指標では評価しない

 

問題10 RSSTについて正しいのはどれか。2つ選べ。

A 認知機能検査である
B 咽頭隆起と舌骨相当部に指を当てる
C 3回未満の場合は、嚥下機能の低下が疑われる
D 口腔底に冷水3mlを注ぎ、嚥下するように指示する

解答:B・C

A✕ MMSEなどである

B〇

C〇

D✕ 改訂水飲みテスト(MWST)の検査方法である

 

問題11 高齢者の病態の特徴はどれか。2つ選べ。

A 個人差が大きい
B 慢性化しにくい
C 症状が非定型的である
D 単一の疾患のみを有している

解答:A・C

A〇

B✕ 治癒しにくく慢性化しやすい

C〇

D✕ 複数の疾患を有していることが多い

 

問題12 バイタルサインのモニタリング項目と成人の正常値の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ。

A SpO2   ―96~99%
B 血圧     ―110~130/85~100mmHg
C 脈拍     ―60~100回/分
D 呼吸数    ―8~16回/分

解答:A・C

A〇

B✕ 110~130/60~90mmHgが正常値である

C〇

D✕ 12~20回/分が正常値である

 

問題13 習慣性開閉口運動路はどれか。1つ選べ。

A イ
B ウ
C エ
D オ

解答:C

問題14 歯茎音はどれか。2つ選べ。

A パ
B タ
C カ
D ラ

解答:B・D

A✕ 上唇と下唇の破裂音である

B〇 歯茎音・破裂音である

C✕ 軟口蓋音・破裂音で鼻咽腔閉鎖の指標になる

D〇 歯茎音・弾音である

 

問題15 Glicmanの分類で「分岐部に貫通は起きているが、歯肉に被覆されている状態」はどれか。1つ選べ。

A 1級
B 2級
C 3級
D 4級

解答:C

A✕ 根分岐部に病変があるものの、臨床的およびエックス線的にも骨欠損は認められない

B✕ 根分岐部にエックス線透過像が認められるが、歯周プローブを挿入しても根分岐部にはわずかしか入らない

C〇 歯周プローブを根分岐部に挿入すると頬舌的・近遠心的に貫通できる状態で、かつ根分岐部は歯肉で覆われている

D✕ 歯周プローブを根分岐部に挿入すると頬舌的・近遠心的に貫通できる状態で、かつ根分岐部が口腔内に露出している

 

問題16 ABO式血液型で正しいのはどれか。1つ選べ。

A A型には抗A抗体がある
B B型にはB抗原がある
C AB型には抗A抗体と抗B抗体がある
D O型にはA抗原とB抗原がある

解答:B

 

問題17 急性化膿性炎症の血液検査で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 白血球数の増加
B 血小板数の減少
C 赤血球数の減少
D 未分葉核好中球の増加

解答:A・D

A〇 白血球には、好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球、単球がある

B✕ 出血や血小板減少症などがある

C✕ 貧血などで減少する

D〇 骨髄で作られた未熟な好中球(分葉核数の少ない好中球)の割合が増加する(好中球の左方移動)

 

問題18 象牙質知覚過敏症を判断できるのはどれか。1つ選べ。

A 触診
B 温度診
C 透照診
D インピーダンス

解答:B

A✕ う蝕の硬さや範囲がわかる

B〇 歯痛やその持続時間、象牙質知覚過敏症、歯髄の炎症の程度などを判断する

C✕ 隣接面齲蝕や亀裂がわかる

D✕ 齲蝕の進行の程度を測定できる

 

問題19 内部吸収が起こっている歯に最初に行われる処置はどれか。1つ選べ。

A 抜髄
B 漂白
C 経過観察
D レジン修復

解答:A

A〇 吸収を停止させるために早期に抜髄が必要

B✕ 内部吸収に行っても無意味である

C✕ 放置すると吸収が進行し抜歯に至る可能性もある

D✕ レジン修復だけでは内部吸収は止まらない

 

問題20 う蝕検知液で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 10秒間染色し、水洗後に判定する
B エナメル質齲蝕の診断に有効である
C う蝕象牙質第二層の透明層は赤染する
D 淡いピンク色に染色した層は除去されない

解答:A・D

A〇

B✕ エナメル質齲蝕の判定には使用しない

C✕ 第一層が濃く染まる

D〇 赤く染色された部位のみ除去される