②-1(20問)解答

問題1 学校歯科健康診断でCOを有する児童への事後措置として適切なのはどれか。1つ選べ。

A 頬杖癖をやめさせる
B 歯科医院での治療を進める
C 予防がなぜ必要かの説明を行う 
D その場で治療をするように説得を行う

解答:C

A✖ 関係ない

B✖ CO(要観察歯)、GO(歯周病要観察者)は歯科医院への受診勧告の対象とはならない

C〇 う蝕の進行を防ぐためにう蝕の説明を行い予防の必要性を理解させる必要がある

D✖ その場で治療を行いはしない。またCOは治療は必要ではなく予防に努める。

                                  

問題2 特別用途食品の根拠となる法律はどれか。1つ選べ。

A 食品基準法
B 食品衛生法
C 健康増進法
D 食育基本法

解答:C

特別用途食品とは、「乳児、妊産婦、授乳婦、病者など、医学的栄養学的な配慮が必要な発育や健康の保持・回復などに適する」という特別な用途の表示が認可された食品を言う。健康増進法に基づき内閣総理大臣の許可が必要である。

 

問題3 日本人の食事摂取基準(2020年版)で、75歳以上の方で肥満と判定されるBMIの値はのはどれか。1つ選べ。

A 18.5以上
B 20.0以上
C 23.0以上
D 25.0以上

解答:D

18歳以上のBMIの値で肥満の参考にされる値は24.9より上の値である

D〇 21.5~24.9が目標とされるBMIの値である

 

問題4 食生活指針(平成28年度)はどれか。2つ選べ。

A 主食、果物を基本に、食事のバランスを
B 「食」に関する理解を深め、食生活を見直す
C 1日の睡眠のリズムから、健やかな生活リズムを
D 適切な運動とバランスの良い食事で、適正体重の維持を

解答:B・D

A✖ 主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを

B〇

C✖ 1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを

D〇

 

問題5 食事バランスガイドにおいて大豆料理はどれになるか。1つ選べ。

A 主食
B 副菜
C 主菜
D 乳製品

解答:C

A✖ ご飯、パン、麺など

B✖ 野菜、きのこ、いも、海藻料理など

C〇 肉、魚、卵、大豆料理

D✖ 牛乳からなるもの

 

問題6 発音とその箇所で正しい組み合わせはどれか。1つ選べ。

A カ             ―軟口蓋
B タ             ―口唇
C パ             ―歯茎
D   ラ             ―軟口蓋

解答:A

A〇 軟口蓋音・破裂音で、鼻咽腔閉鎖不全により障害が起こる

B✖ 歯茎音・破裂音、舌の機能障害や口蓋部切除などにより障害が起こる

C✖ 口唇音・破裂音、口唇の機能障害により起こる

D✖ 歯茎音・弾音、舌の機能障害や口蓋部切除などにより障害が起こる

 

問題7  17歳女性。舌がいつも前に出てきていることを主訴として来院した。口腔機能療法(MFT)で舌尖を固定する位置の指導を行うこととなった。固定する位置で適切な部位はどこか。1つ選べ。

A 上唇小帯部
B 切歯乳頭部
C 硬口蓋後方部
D 口蓋ひだ後方部

解答:B

A✖ 上顎前歯口腔前庭部に存在する小帯のことである

B〇

C✖ 上顎の口蓋骨のある部位である

D✖ 上顎の口蓋部にあるひだで、その後方部では後ろすぎる

 

問題8 乳幼児の摂食機能獲得について、経口摂取準備期はどれか。1つ選べ。

A 哺乳期(0~5か月)
B 離乳初期(5~6か月)
C 離乳中期(7から8か月)
D 離乳完了期(12~18か月)

解答:A

A〇 哺乳反射により乳汁を摂取する経口摂取準備期

B✖ 口唇を閉じて食べ物を飲み込める嚥下機能獲得期、捕食機能獲得期

C✖ 上顎と舌で食べ物をつぶす押しつぶし期

D✖ 前歯で噛み切り、口の奥へ送り、歯茎や臼歯で嚙んで嚥下するようになる自食準備期

 

問題9 ある地域で「お口の健康」に関する健康教育を行うこととなった。内容を決定するうえで、健康日本21(第二次)「歯・口腔の健康」の目標に達しているか検討した。項目とこの地域の現状で、目標に達しているのはどれか。1つ選べ。

A 過去1年間に歯科受診した者の割合                ―50%
B 20歳代における歯肉の炎症所見を有する者      ―30%
C 40歳で喪失歯のない者                               ―50%
D 60歳代で24歯以上の自分の歯を有する者      ―75%

解答:D

A✖ 目標値65%以上である

B✖ 目標値25%以下である

C✖ 目標値75%以上である

D〇目標値70%以上である

 

問題10 地域保健活動の評価とその内容の組み合わせで正しいのはどれか。1つ選べ。

A プロセス評価     ―情報収集
B アウトカム評価   ―事業実施量
C アウトプット評価   ―施設・設備の状況
D ストラクチャー評価 ―事業の目的

解答:A

評価は、一般的に、ストラクチャー(構造)、プロセス(過程)、アウトカム(結果)の観点から行う。また、最終目標のアウトカム(結果)評価は数値であるため、データを採るためには数年間かかることから、アウトプット(事業実施量)の観点から評価を行うこともある。

A〇 情報収集、アセスメント、問題の分析、目標の設定、指導手段(コミュニケーション、教材を含む)、保健指導実施者の態度、記録状況、対象者の満足度などがある

B✖ 事業の目的・目標の達成度、また、成果の数値目標に対する評価がある

C✖ 評価指標としては、健診受診率、保健指導実施率、保健指導の継続率などがある

D✖ 保健指導に従事する職員の体制(職種・職員数・職員の資質等)、保健指導の実施に係る予算、施設・設備の状況、他機関との連携体制、社会資源の活用状況などがある

 

問題11 初診の患者をデンタルチェアへ誘導し医療面接を行うように歯科医師から指示された。情報収集時のコミュニケーション技法で適切なのはどれか。1つ選べ。

A 患者の横に立つ
B 評価的態度で接する
C ラポールの確立を重要視する
D 閉ざされた質問を主体に進める

解答:C

A✖ 患者とは直角のポジションが望ましい

B✖ 共感的態度で接するのがよい

C〇 信頼関係(ラポール)を確立することは大切なことである

D✖ 開かれた質問で話を進めるのがよい

 

問題12 医療面接において患者の話が本筋からそれはじめたとき、話題を本筋に戻すために用いるコミュニケーション技法はどれか。1つ選べ。

A 要約
B 促し
C 正当化
D 焦点化

解答:D

A✖ 患者の話を整理するときに用いる

B✖ 患者に話をつけるように働きかけるために用いる

C✖ 患者の話が妥当であると聞き手が認めていることを伝えるための技法

D〇

 

問題13 Breslowの7つの健康習慣を用いて生活指導を行う際、正の強化が有効なのはどれか。2つ選べ。

A 禁煙
B 朝食
C 飲酒
D 間食

解答:A・B

C✖ 飲酒を適量またはしない、が望ましい

D✖ 間食をしない、が望ましい

 

問題14 ポピュレーションアプローチはどれか。2つ選べ。

A 地域住民へのフレイル予防の講演
B 高血圧患者への塩分摂取量の指導
C 学童への「噛ミング30」学習の普及
D 喫煙者へのニコチン代替療法による禁煙支援

解答:A・C

A〇

B✖ ハイリスクアプローチである

C〇

D✖ ハイリスクアプローチである

 

問題15 多剤服用の高齢者に対して歯科保健指導を行う際に、薬物の注意すべき有害作用はどれか。2つ選べ。

A 歯髄壊死
B 出血傾向
C 易感染性
D 歯根破折

解答:B・C

A✖ う蝕の進行や外傷によっておこり生じうるもので、薬剤の副作用ではない

B〇 血液凝固薬のワーファリンカリウムや、抗血小板薬のアスピリン、などで出血傾向がみられる

C〇 ステロイド性抗炎症薬(コルチゾール、プレドニゾロン)の作用により免疫傾向の低下による易感染性になる可能性がある

D✖ 外傷により起こりやすいものであり、薬剤の副作用ではない

 

問題16 口腔粘膜の保湿効果を高める目的で、ジェルの使用が適切な症状はどれか。2つ選べ。

A 骨隆起
B 口腔乾燥
C 歯髄壊死
D 口腔粘膜辺

解答:B・D

A✖ 骨隆起に対して保湿効果を求める目的でジェルを使用することは適切とは言えない

B〇 口腔粘膜の保湿は口腔乾燥や粘膜縁のある患者に対して必要である

C✖ まず歯髄と口腔粘膜では場所が違う

D〇

 

問題17 0~3歳児のう蝕予防で有効なのはどれか。2つ選べ。

A 離乳開始の遅延
B 含糖食品の摂取制限
C フッ化物洗口剤の使用
D 養育者の口腔衛生改善

解答:B・D

A✖ 離乳が遅い乳幼児は哺乳ビン齲蝕などリスクが高まる

B〇 含糖接種は感染リスクが高まる

C✖ フッ化物洗口は4~15歳頃行う

D〇 う蝕原因菌の感染経路として、養育者の唾液から感染するリスクが高い

 

問題18 パルスオキシメーターによって測定できるのはどれか。1つ選べ。

A 動脈血酸素分圧
B 動脈血酸素飽和度
C 呼気二酸化炭素濃度
D 動脈圧二酸化炭素分圧

解答:B

A✖ 採血により調べる

B〇 指先などに装着する非観血的な測定装置である。脈拍や不整脈の有無も知ることができる

C✖ カプノグラムによる

D✖ 採血により調べる

 

問題19 過換気症候群で見られる症状で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 徐脈
B 意識障害
C 血圧低下
D テタニー用けいれん

解答:B・D

A✖ 精神的な興奮のため脈拍数は上昇してることが多い

B〇 PaCO2が低下し呼吸性アルカローシスになり、脳血管の収縮により脳血流量が減少し意識障害を起こす

C✖ 血圧は上昇する

D〇 筋硬直、助産婦の手。血中カルシウムイオン減少による

 

問題20 口腔外バキューム装置を使用し吸引するのはどれか。2つ選べ。

A 切削粉塵
B エアロゾル
C 切開時出血
D 切削時注水

解答:A・B

A〇

B〇

C✖ 口腔内バキューム、エジェクターで吸引する

D✖ 口腔内バキューム、エジェクターで吸引する