①-4(20問)解答

問題1 歯科衛生士の業務で正しいのはどれか。1つ選べ。

A 診療録の記入
B 業務記録の記入
C インレーの装着
D エックス線の照射

解答:B

A✕ 歯科医師法において歯科医師本人が記入する

B〇

C✕ 絶対的歯科行為であり歯科衛生士の業務に入らない

D✕ 絶対的歯科行為であり歯科衛生士の業務に入らない

                                   

問題2 歯科口腔保健の推進に関する法律に基づき設置できるのはどれか。1つ選べ。

A 口腔健康センター
B 母子保健センター
C 市町村保健センター
D 口腔保健支援センター

解答:D

A✕ 法的根拠はない

B✕ 母子保健法に基づく

C✕ 地域保健法に基づく

D〇

 

問題3 学校保健統計において中学生の被患率(男女合計)で一番多い疾患はどれか。1つ選べ。

A う歯
B 心電図異常
C 鼻・副鼻腔疾患
D 動眼視力1,0未満

解答:D

A✕ 2番目に多い

B✕ 4番目に多い

C✕ 3番目に多い

D〇

 

問題4 トータルヘルスプロモーションの第2段階として取り組むのはどれか。2つ選べ。

A 健康測定
B 健康診断
C 運動指導
D メンタルヘルスケア

解答:C・D

第一段階で産業医における健康測定が行われ、第2段階で、運動指導、保健指導、メンタルヘルスケア、栄養指導が行われる

A✕ 第一段階の取り組みで、健康測定を行ってから必要に応じて第2段階に進む

B✕ 関係ない 

C〇

D〇

 

問題5 健康日本21における歯・口腔の健康に関する目標で、目標値が80%とされているのはどれか。1つ選べ。

A 20歳代における歯肉炎症所見を有する者の割合
B 80歳で20歯以上の自分の歯を有する者の割合
C 60歳代における進行した歯周炎を有する者の割合
D 口腔機能の維持向上(60歳代における咀嚼良好者の割合)

解答:D

A✕ 25%である 少ないほうがいい目標である

B✕ 50%である

C✕ 45%である 少ないほうがいい目標である

D〇

 

問題6 健康日本21(第二次)において、「地域や社会的状況の違いによる集団における健康状態の差」と示されているのはどれか。1つ選べ。

A 健康寿命
B 健康格差
C 健康リテラシー
D 社会環境の整備

解答:B

A✕ 健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間、のことである

B〇

C✕ 健康への関心のことで、健康格差につながる要因である

C✕ 健康日本21の基本的な方向の1つである

 

問題7  健康増進法に基づいて実地されるのはどれか。2つ選べ。

A 特殊健康診断
B 特定保健指導
C 生活習慣相談
D 健康増進事業

解答:C・D

A✕ 労働安全衛生法に基づく

B✕ 高齢者の医療確保に関する法律に基づくメタボの指導である。対象は医療保険に加入している40~74歳の者である

C〇 中身に健康教育、健康相談、機能訓練、訪問指導、健康手帳の交付がある。対象は40~65歳未満の者である

D〇 歯周疾患検診、骨粗鬆症検診、肝炎ウイルス検診、がん検診、特定健康診査非対象者に対する保健指導がある

 

問題8 学校保健安全法に基づく保険学習はどれか。2つ選べ。

A 体育授業での「病気の予防」の教育
B 学級での「歯の健康学習展」の開催
C 保健体育授業での「健康と環境」の教育
D クラブ活動での「むし歯予防の研究」の実地

解答:A・C

AC〇 正規の授業のため保険学習に該当する

BD✕ 課外活動になるため保健指導に該当する

 

問題9 2国間協力に関係するのはどれか。1つ選べ。

A WHO
B WTO
C JICA
D UNICEF

解答:C

C〇 JICA(国際協力機構)

 

問題10 人口静態統計の調査項目はどれか。2つ選べ。

A 出生
B 死亡
C 就業
D 出生年月日

解答:C・D

人口静態統計の調査項目には、氏名、性別、出生年月、世帯主との関係、配偶関係、国籍、居住期間、5年前の住居の所在地、就業状態、職業、従業地・通学地などがある

AB✕ 人口動態調査である。 出生、死亡、死産、婚姻、離婚がある

CD〇

 

問題11 1人の女子が一生に何人「女子」を生むか、を表す指標はどれか。1つ選べ。

A 出生率
B 総再生産率
C 純再生産率
D 合計特殊出生率

解答:B

A✕ 人口1000人当たりの1年間の出生数

B〇

C✕ 生まれてきた女児が妊娠可能な年齢(49歳)を過ぎるまでの死亡を見込んだ指数

D✕ 1人の女子が15~49歳の間に産む子供の数

 

問題12 人口動態統計調査委における死因別に見た死亡率1位はどれか。1つ選べ。

A 肺炎
B 心疾患
C 脳血管疾患
D 悪性新生物

解答:D

A✕ 3位

B✕ 2位

C✕ 4位

D〇

 

問題13 糖尿病患者の主要症候はどれか。2つ選べ。

A 振戦
B 多飲
C 多尿
D 頻脈

解答:B・C

 一般的症状に、口喝、多飲、多尿、体重減少、易感染性、易出血性、創傷治癒の遅延などがある

A✕ パーキンソン病にみられる不随意運動のことである

B〇

C〇

D✕ 糖尿病の主要症候として頻脈はない

 

問題14 65歳女性。口腔粘膜の感想について相談があり検査をすることとなった。ガーゼに対して2分間の咀嚼様運動を行わせて測定した。この方法はどれか。1つ選べ。

A ガム法
B 吐唾法
C サクソン法
D 唾液湿潤度検査

解答:C

A✕ ガムを10分間噛んでその間に分泌された唾液を容器に取る方法

B✕ 自然に出てくる唾液を採取して、唾液の量を測定

C〇

D✕ 口腔粘膜上の唾液が単位時間あたりに吸湿される量を検査紙に湿潤する幅で簡易に計測する

 

問題15 造影剤を含む液体や個体(ゼリーやおかゆ)を食べてもらいエックス線を使って嚥下する際の咽頭や食塊の動きを観察し評価する検査方法はどれか。1つ選べ。

A VE
B VF
C 嚥下圧検査
D 超音波検査

解答:B

A✕ 嚥下内視鏡検査(VE:Video Endoscopic evaluation of swallowing )は内視鏡観察下で嚥下の様子を観察する方法

B〇 嚥下造影検査(VF:Video Fluoroscopic examination of swallowing)

C✕ 測定用プローベを鼻から食道まで挿入し、軟口蓋,咽頭,食道入口部,頸部食道など各所の圧や圧発生のタイミング,食道入口部弛緩のタイミング等を観察するもの

D✕ 高い高周波(超音波)を用いる方法

 

問題16 口臭官能試験で「嗅覚閾値以上の臭いを感知するが悪臭と認識できない」のはどれか。1つ選べ。

A スコア0
B スコア1
C スコア2
D スコア3

解答:B

A✕ 嗅覚閾値以上の臭いを感知しない

B〇

C✕ かろうじて悪臭と認識できる

D✕ 悪臭と容易に判定できる

 

問題17 放射線治療による発がんについて正しいのはどれか。2つ選べ。

A 晩期影響である
B しきい線量がある
C 確定的影響である
D 確率的影響である

解答:A・D

A〇

B✕ しきい値(線量)が定められているのは確定的影響のほうである

C✕ 確定的影響は早期影響もしくは晩期影響のなかの白内障である

D〇

 

問題18 肝機能障害のある患者で低値を示すのはどれか。1つ選べ。

A Alb
B ALT
C AST
D eGFR

解答:A

A〇 アルブミンは主に肝臓で作られているため肝機能障害によりアルブミンの生成の低下がみられる

BC✕ 肝臓の細胞に多く含まれている酵素のことで、肝臓の細胞がダメージを受けると血液中に漏れ出るため、肝機能障害で高値を示す

D✕ eGFR(推算糸球体濾過量)、腎臓にどれくらい老廃物を尿へ排泄する能力があるかを示しており、この値が低いほど腎臓の働きが悪いということになる

 

問題19 頭頚部で脈拍の蝕知に適している動脈はどれか。1つ選べ。

A 顎動脈
B 冠状動脈
C 総頚動脈
D 橈骨動脈

解答:C

A✕ 表面からの蝕知は難しく適していない

B✕ 心臓から出る動脈

C〇 

D✕ 親指寄りの手首付近に存在する脈拍を見る動脈の一つ

 

問題20 プロトロンビン時間が延長する疾患はどれか。1つ選べ。

A 糖尿病
B 肝硬変
C 腎不全
D 高血圧症

解答:B

A✕ インスリン作用不足による代謝性疾患である

B〇 凝固因子の大半は肝臓で生産されるため、肝疾患の重症例ではPT・APTTなどの凝固機能検査では異常値を示す

C✕ 腎機能の低下した状態

D✕ 140mmHg/90mmHg以上の状態