①-1(20問)解答

問題1 歯周疾患のリスク要因で宿主要因に当たるのはどれか。2つ選べ

A 加齢
B 歯垢
C 妊娠
D 微生物

解答:A・C

歯周疾患のリスクファクターには、病原要因、宿主要因、環境要因、時間的要因がある

A〇

B✕ 病原要因である

C〇

D✕ 病原要因である

                                   

問題2 口臭について正しいのはどれか。2つ選べ。

A 口臭の訴えに心因性のものはない
B 口臭物質としては窒素酸化物が多い
C 口腔以外の器官の疾患も口臭の原因となる
D 口内炎などの口腔粘膜疾患でも口臭を発する

解答:C・D

A✕ 心因性の口臭に、仮性口臭症や口臭恐怖症など心因性のものが存在する

B✕ タンパク質分解成分や揮発性硫化物などがある

C〇 呼吸疾患、消化器疾患、血液疾患、泌尿器疾患などがある

D〇 口腔内の口臭の原因の一つである

 

問題3 咬耗の原因で正しいのはどれか。1つ選べ。

A 口呼吸
B 抗菌薬の服用
C ブラキシズム
D 不適切なブラッシング

解答:C

A✕ 口呼吸により提状隆起(テンションリッジ)などが起こる

B✕ 抗菌薬の服用には、テトラサイクリンによる歯の着色などがある

C〇

D✕ 摩耗の原因である

 

問題4 ある指標を算出する手瞬を示す①患者の歯垢を染め出す ②特定歯の特定歯面を5分割して評価する ③特定歯面の評価点を平均するこの手順で出される指標はどれか。1つ選べ。

A PCR
B PHP
C OHI
D OHI-S

解答:B

A✕ 全歯の近心面、遠心面、唇(頬)側面、舌側面の4歯面を審査する

B〇 測定歯の歯面をそれぞれ5分割して評価する

C✕ 全歯を6分画して、唇(頬)側面、舌側面についてそれぞれの最高点をその分画の代表地値する

D✕ 4分画し特定歯の唇(頬)側面、舌側面を審査する

 

問題5 DMFで正しいのはどれか。2つ選べ。

A 二次齲蝕        ―D
B 歯周病による喪失歯   ―M
C エナメル質形成不全歯  ―D
D う蝕が原因による処置歯 ―F

解答:A・D

D=未処置のう蝕歯 M=う蝕を原因とする喪失歯 F=う蝕のための処置歯

A〇

B✕ う蝕以外の原因による抜去歯はMとしない

C✕ う蝕の既往のない歯はDにならない

D〇

 

問題6 PDCAサイクルの改善はどれか。1つ選べ。

A Do
B Plan
C Check
D Action

解答:D

A✕ 実行

B✕ 計画

C✕ 評価

D〇 改善

 

問題7  1歳6か月児健康診査の根拠となる法律はどれか。1つ選べ。

A 健康増進法
B 母子保健法
C 学校保健安全法
D 歯科口腔保健の推進に関する法律

解答:B

A✕ 国民の健康増進の総合的な推進を図るための基本的な方針を決める法律

B〇

C✕ 学校における児童生徒等及び職員の健康の保持増進を図るため、学校教育の円滑な実施とその成果の確保に資することを目的とする法律

D✕ 口腔の健康が健康で質の高い生活に重要な役割を果たし、歯科疾患の予防の取組が口腔の健康の保持に有効であるため、国民保健の向上に寄与することを目的とする法律

 

問題8 歯磨剤の成分で研磨剤に含まれるのはどれか。2つ選べ。

A 無水ケイ酸
B グリセリン
C ピロリン酸カルシウム
D ラウリル硫酸ナトリウム

解答:A・C

A〇

B✕ 保湿剤である

C〇

D✕ 発泡剤である

 

問題9 Keyseの輪に含まれるのはどれか。2つ選べ。

A 環境
B 食事
C 宿主
D 薬物

解答:B・C

Keyseの3つの輪には宿主(歯質)、細菌(微生物)、食餌(食事、糖)の三つがあり、それに時間が含まれてう蝕の四大要因モデルといわれる

A✕ 環境要因は歯周疾患のリスク要因の一つである

B〇 

C〇

D✕ 歯周疾患の環境要因の中の一つである

 

問題10 う蝕象牙質の外層で正しいのはどれか。2つ選べ。

A 再石灰化する
B 細菌は侵入していない
C う蝕検知液で濃染される
D コラーゲン線維が崩壊している

解答:C・D

A✕ 再石灰化しない

B✕ 細菌に侵入されコラーゲン線維が崩壊している

C〇

D〇

 

問題11 高値でう蝕ハイリスクと判定するのはどれか。2つ選べ。

A 唾液分泌量
B ショ糖摂取頻度
C フッ化物応用頻度
D プラーク細菌の酸産生量

解答:B・D

A✕ 唾液には抗う蝕作用があり、低値でう蝕ハイリスクと判定される

B〇 う蝕の原因であるショ糖は摂取頻度が高値でハイリスクと判定される

C✕ フッ化物の使用はう蝕への抵抗性を上げる。低値でハイリスクと判定される

D〇 プラーク内細菌の酸によって歯が脱灰されう蝕につながる。高値でハイリスクと判定される

 

問題12 フッ化物によるう蝕予防に関して、プラークに対し関与する作用はどれか。1つ選べ。

A 結晶性の改善
B 再石灰化の促進
C 細菌酵素の作用抑制
D フルオロアパタイトの生成

解答:C

A✕ 歯質への作用で、フッ素を取り込むことによる結晶性の向上がみられる

B✕ 歯質への作用で、フッ素がカルシウムイオンやリン酸イオンを歯に戻し、再石灰化を促進して歯を修復する

C〇 フッ素のプラークに対する作用である。フッ素には細菌の有機酸の酸性を阻害する抗酵素作用がある

D✕ 歯質への作用で、歯質表面にフッ素が付着しヒドロキシアパタイトがフルオロアパタイトに代わり脱灰などに対して高いう蝕抵抗性を示すようになる

 

問題13 感染症の3要因において感染源対策で正しいのはどれか。1つ選べ。

A 検疫
B 予防接種
C 患者の隔離
D グローブの使用

解答:A

A〇 他に、消毒、滅菌などがある

B✕ 宿主の感受性対策である

C✕ 感染経路対策である

D✕ 感染経路対策である

 

問題14 暴露されている集団と暴露されていない集団とを比較検討し、疾病の発生の差異を見る方法はどれか。1つ選べ。

A 横断研究
B 生物学的研究
C 患者対照研究
D コホート研究

解答:D

A✕ ある時点において限定された集団に存在する疾病などの特性について調査すること

B✕ 既存の資料を用いて集団の疾病や死亡などを検討すること

C✕ 目的の疾病を持つ集団(症例群)と持たない集団(健常群)を比較して過去の暴露要因との疾病の関連性を調べる後ろ向き研究

D〇 仮説として考えられる要因を持つ集団(曝露群)と持たない集団(非曝露群)を追跡し、両群の疾病の罹患率または死亡率を比較する方法

 

問題15 予防接種法によるA類疾病はどれか。2つ選べ。

A 麻疹
B 狂犬病
C B型肝炎
D 流行性耳下腺炎

解答:A・C

予防接種法にはA類疾病(集団予防を目的とした摂取、努力義務)と、B類疾病(個人予防、各自の判断に基づく)がある

A〇 A類には、ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、麻疹、風疹、水痘、結核、日本脳炎、B型肝炎などがある

C〇

 

問題16 再興感染症はどれか。1つ選べ。

A 結核
B HIV
C 鳥インフルエンザH5N1
D 腸管出血性大腸菌O-157

解答:A

A〇 再興感染症とは、その発症が一時期減少していたが再び注目されるようになった感染症のこと、結核のほかにマラリア、ジフテリア、コレラ、デング熱などがある

BCD✕ すべて新興感染症である

 

問題17 学校病はどれか。2つ選べ。

A 齲歯
B 歯肉炎
C 慢性副鼻腔炎
D インフルエンザ

解答:A・C

AC〇 学校保健安全法で規定され学校病にはトラコーマ、結膜炎、白癬、疥癬、膿痂疹、中耳炎、慢性副鼻腔炎、アデノイド、齲歯、寄生虫病などがある

 

問題18 地域包括ケアシステムに必要な5つの視点はどれか。2つ選べ。

A 医療
B 年金
C 予防
D 福祉

解答:A・C

AC〇 医療、予防、介護、住まい、生活支援、の5つ

 

問題19 職業性疾患で作業環境要因に当てはまるのはどれか。2つ選べ。

A 神経症
B 熱中症
C じん肺
D 腰痛症

解答:B・C

A✕ 社会的要因である

B〇 作業環境要因における物理的要因(温熱)である 

C〇 作業環境要因における科学的要因(粉塵)である

D✕ 作業姿勢などによる作業要因である

 

問題20 労働衛生管理の作業管理はどれか。1つ選べ。

A 有害ガスの測定
B 遠隔操作の推進
C 暴露時間の抑制
D 労働衛生教育の実施

解答:C

A✕ 作業環境管理に入る

B✕ 作業環境管理に入る

C〇

D✕ 健康管理に入る